出産 手続き

出産 手続き

出産後って何かとあわただしくて、つい何をすればよいのかわからなくなってしまがち。 役所に提出する書類も、あまり日数がなかったりします。 そんな出産後の手続きを整理してみました。

通販かたろぐ > 出産 手続き

出産 手続き 一覧

子どもが生まれた後、まず手続きしなければいけないのが出生届。出生届の手続きの際必要になるのが、出生証明書、印鑑、母子手帳です。出生証明書は、通常あれば子どもを産んだ後に病院で書いてもらえると思います。そして、たいていの場合、出生届と出生証明書は見開きで1枚になっているため、あと必要になる書類は母子手帳と印鑑になります。

忘れていけないのが、児童手当と医療費助成の手続きです。児童手当は、出生届と同時に手続きしたほうが手続きモレせずに済みます。

ただ、医療費助成の手続きは出産後スグではなく、子どもの保険証ができてから。忘れがちなので要注意です。生まれた子どもの保険証ができてからの手続きになるため、つい手続きが遅れがち。子どもの保険証が届いたら、スグに手続きするほうがいいでしょう。

まとめると、こんなカンジですね。

手続き内容 対象者 期限
出生届 子どもが生まれた方全員 出産から14日以内
児童手当 子どもが生まれた方全員 出生してから15日以内
健康保険の加入 子どもが生まれた方全員 一ヶ月検診まで
乳幼児医療費助成 子どもが生まれた方全員 子どもの健康保健加入後、一ヶ月検診の前まで
出産手当金 勤務先の健康保険加入者で出産後も働く方 産後56日以内
出産育児一時金・出産育児付加金 健康保険加入者で妊娠4ヶ月以上で出産した方 出産日翌日から2年以内
高額医療費 一ヶ月に一定以上の医療費を払った方 診察日の翌日から2年以内
育児休業給付金 会社勤務している女性 育児開始一ヶ月前まで

 

出産後 手続き

手続きの順番としては、まず第一に出生届の提出と児童手当、健康保険への加入。これは、子どもが生まれてから14日以内に提出することになっています。特に健康保険は、出産後の一ヶ月検診で必要になります。早めに手続きしましょう。

それ以外の手続きとしては、乳児医療費助成金や出産育児一時金などの手続きがあります。乳幼児医療助成金は、病院にかかるときの医療費が無料になる制度。ですので、出産後早めに申請して手続きしておいたほうが、お得です。

後は、働いていて出産のために休職中あるいは働いていたけど退職した方なら、勤め先で出産手当金、育児休業給付金がもらえるので、忘れずに手続きをしましょう。

社会保険 出産 手続き

出産後の社会保険の加入は、加入する保険が健康保険や共済か、国民健康保険かで少し手続きが違います。

健康保険や共済であるなら、申請書の提出先は勤め先です。しかし、国民健康保険の場合、提出先は住民票のある市町村役場になります。その際、必要になるのは印鑑と出生届出済証明が記入された母子手帳、健康保険証、出生届のコピーです。

そして、赤ちゃんの健康保険証がもらえたら、次に行うのが乳幼児医療助成の申請の手続き。これは赤ちゃんが病院にかかるときの医療費を助成してくれるもの。出産後の1ヶ月検診の前に申請・取得しておきましょう。必要な書類は、健康保険の場合とほとんど同じ。ですが、忘れがちなのが預金通帳。これがないと、助成金の振込先が記入できないので、忘れないように。

勤めている方であれば、勤め先から健康保険からの出産手当金がもらえますので、こちらも忘れずに手続きを。

また、出産育児一時金や出産育児付加金も健康保険からもらえます。勤めている方であれば勤め先へ、そうでない場合は住民票のある市区町村役場で手続きしましょう。これは子どもが生まれた後、2年間のうちに申請すればもらえますが、忘れてしまいがちなので、他の手続きのときに同時にしておくのがベストです。出産育児一時金は、もらえる金額が40万4000円と高額(平成27年1月1日以降の出産の場合)なので、くれぐれも忘れないようにしましょう。

高額療養費も出産にかかった費用を助けてくれます。これは一定額以上の医療を支払った場合、オーバーした分を後から返還しくれる制度。病院でもらったレシートはなくさないよう、大切に保管しておくといいでしょう。

出産 手続き トップへ戻る