お中元

お中元

お中元を贈るうえで、知っておいたほうがいいことや抑えておきたいポイント、おすすめの商品などを紹介します。

通販かたろぐ > お中元

お中元 のし

お世話になった人に贈るお中元やお歳暮。それらに必ずといっていいほどつくのが、のし。熨斗は、慶事に贈る酒の肴が起源とされてます。では、お中元の由来とはなんでしょうか。

お中元は、中国の道教に由来するそうです。古代中国の三元(上元1/15に天神様、中元7/15に慈悲神様、下元10/15に火と水の神様)をまつる風習があり、その三元の中の中元が、日本の仏教の盂蘭盆会を結びつき、先祖をまつる習慣から親戚などに贈り物を贈るものへと変わっていったのがお中元の由来とか。

それが次第に親戚だけでなく、お世話になった人にも感謝の気持ちをこめて贈るようになり、ちょうど時期も上半期であることから、区切りとして、お中元の習慣が根付いたようです。ただ、最近ではお世話になった人に限らず、サマーギフトとして友人に贈る方も増えています。

お中元の相場としては、3000円から5000円が相場のようです。お中元は、一回で終わるものではないので、お中元を継続する意味でもあまり負担にならない額のほうがいいようです。実際に贈るお中元ですが、お盆のお供え物という意味合いもあったことから、食べ物が主流です。ただ、気をつけて欲しいのが、目上の方に対して金券類を贈ることや、踏みつけることになる履物類、そして勉強を奨励する意味につながる文房具や時計といった類は、失礼になります。気をつけましょう。

また、お中元と同じような習慣としては、お歳暮もあります。お中元だけでなくお歳暮も贈っているのであれば、お中元のほうを低い金額にするのが一般的です。そして、どちらかしか贈らないというのであれば、1年間の感謝の意味をこめて、お歳暮を贈る、という方が多いようです。

お中元 人気

お中元は相手に感謝を伝えるものでもありますが、贈る時期も大事なポイント。お中元の贈る期間が短いほうが慌てずに済みます。というわけで、お届けする期間の短い順にランキングしてみました。参考にしてみてください。

1位 なかたオンラインショップ

公式サイトはこちら。

3日から5日程度で届きます。配達日・時間指定も可能です。

6000円以上なら送料無料。3000円以上なら代引手数料もかかりません。

新規会員登録すれば、すぐに使えるポイントを500ポイントがもらえるので、購入するなら会員登録してからのほうがお得です。

手提げ袋やふろしき、のし紙を無料で用意してくれます。

公式サイトはこちら。

2位 仲村屋オンラインショッピング

公式サイトはこちら。

注文を受けた日から3日から7日程度でお届けします。

送料は全国一律648円(ただし、通販限定です)。
5400円以上なら送料無料。

新規会員登録すれば、スグに使えるポイント300ポイントがもらえます。

公式サイトはこちら。

3位 ワッフルケーキの店、エールエル。

エールエル、公式サイトはこちら。

最短のお届けは、受け付けてから4日後
5400円以上で送料無料(オフィシャルサイト限定です)。

お試しの商品やネットでしか購入できないものもあります。また、まとめ買いすると最大7%OFFになる特典もあります。

新規会員登録するだけで、その場で使える100ポイントがもらえるので、購入するなら、まずは会員登録してからのほうがお得です。

エールエル、公式サイトはこちら。

4位 北海道網走水産

北海道の特産品を買うなら、こちら。

特に注文がなければ、4日から10日程度でお届け
10000円以上なら、送料無料。

入会したらスグに使えるポイントを300ポイントがもらえます。

ギフトを贈る人別で、贈ったらいいなと思われる商品を選べます

のし、ラッピングは無料で対応してくれます。

北海道の特産品を買うなら、こちら。

5位 美食市

全国の美食を選ぶなら、こちら。

5日営業日ほどでお届け。配達日時の指定も可能です。

送料は無料のものもありますが、最大でも864円。
しかも全国一律料金。

全国各地の特産品を選ぶことができます

産地を訪れ、生産者の声を聞いているので、美味しいだけでなく安心感もあります。

全国の美食を選ぶなら、こちら。

お中元 時期

お中元を贈る時期は、東日本と西日本とで違っているようです。東日本は7月初めから15日まで、西日本は8月初めから15日までにお中元を贈るのが習慣のようです。ただ、このお中元を贈る時期も時代とともに曖昧になってきているようです。今では、地域に限らず、7月の中旬頃までにお中元を贈るのが一般的になりつつあります。

とはいえ、お中元を贈るのが遅れてしまう場合もあるでしょう。お中元を贈るのが遅くなった場合は、立秋(8/7頃から8/22頃)の前日であれば、暑中見舞い、暑中伺いにしてお中元を贈ります。立秋に入っていたり、それを過ぎているのであれな、残暑見舞い、残暑伺いという風にしてお中元を贈ります。しかし、遅くとも、処暑である8/23頃から9/7頃までにはお中元を届けるようにしましょう。

ただ、先方が喪中であったりする場合もあります。しかし、お中元は相手に感謝を伝えるものなので、お中元を贈っても問題はないようです。ただ、四十九日を過ぎてないのであれば、お中元を贈るのにふさわしくないので、その時期はずらします。その上で、それでも気になるというのであれば、暑中見舞い、暑中伺いといった形にしてお中元を贈るといいようです。

お中元 トップへ戻る